初回出張相談無料エリアを静岡県内全域に拡大(従来:三島市・長泉町・裾野市・清水町・函南町・沼津市・富士市・富士宮市)

法定後見・任意後見メリット・デメリット

すでに判断能力が低下している方のためにある法定後見と今後判断能力が低下したときのことを考え契約する任意後見は大きな違いがあると言えますがどちらにもメリット、デメリットがあります。

■法定後見
メリット
成年被後見人の財産が家庭裁判所の監督によってしっかり管理される。
成年被後見人に不利な契約を成年後見人が取り消すことができる。
成年被後見人を介して、法律行為ができる。
成年後見登記制度により成年後見人等の地位が公的に証明される。
デメリット
手続に時間かかる
申立人は負担する申立てにかかる費用が高額である。
財産がほとんど動かせなくなる
会社の役員などの地位を失う。(補助除く)
医師・弁護士等の地位を失う(補助除く)
■任意後見
メリット
本人の意思で信頼できる任意後見人を決めることができる
契約内容を委任者(支援を受ける人)受任者(支援してくれる人)の間で決めることができる
任意後見監督人が任意後見人を監督してくれる
デメリット
当然には取消権がない
任意後見監督人の選任請求が遅れることがある

お問い合わせ
TEL:055-941-9278 お問い合わせフォーム
主要業務
相続 遺言 成年後見制度
その他 イラスト

業務実績一覧表

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る