初回出張相談無料エリアを静岡県内全域に拡大(従来:三島市・長泉町・裾野市・清水町・函南町・沼津市・富士市・富士宮市)

財産調査と財産目録作成

財産調査と財産目録作成のご案内
このようなときはぜひご連絡下さい

  • 相続財産ってどんなものまで含まれるのか分からない
  • 相続に関して争いにならないようしっかりと財産の把握をしたい
  • 銀行等の預金の残高が分からない
  • など

相続に関する財産を把握するために必要な調査・財産目録作成をあなたの大切な時間を無駄に費やすことのないよう、事前打ち合わせから業務完了まで迅速に対応させて頂きます。

財産の把握の重要性

相続人の誰が、何を、どのくらい相続するのかを話し合うためには、亡くなられた方の所有していた財産を把握しなければなりません。

財産と言うとプラスの財産だけを考えがちですが、財産にはマイナスになるものも含まれます。

例えばドラマなどでは、亡くなられた方が借金を負ったまま死亡したときや、保証人になっていた場合に、相続人の方が取り立てられ困っているような場面があると思うのですが、それもマイナスの財産を相続したと言うことから出てくるものです。

しかしそのような時には、限定承認・相続放棄をすることでマイナスの財産を引き継がないようにすることが出来ます。

また、プラスの財産も遺産分割後に出てきて争う原因となることもあるのです。
そんなことにならないようにするためにも、相続においては財産の調査を早く行い、把握することはとても重要なことになるのです。

財産目録

財産目録とはプラスの財産・マイナスの財産を明らかにし、それを分かるように書式にしたものです。
財産目録は法的に必ず作成しなければならないといったものではありませんので、決まった書式があるわけではありません。

しかし後で揉めることがないように遺産分割をするため、また、相続税の大まかな計算をするためにも財産目録の作成をお勧めします。

相続財産調査・財産目録作成はお任せください

相続財産を調査するために他人の手なんて借りる必要なんてないと思っている方もいるのではないかと思います。
たしかに現金だけが相続財産で、そのまま話し合いで分けることができれば、財産調査などをする必要がありません。

しかし、現金がそのまま相続人の手にあるというのは珍しいことですし、場合によってはあるはずの通帳が見つからなかったりして相続人の方々が探すのに大変な思いをされることもあります。そんなとき、銀行等の対応はその銀行等によって手続きの方法が違います。ひとつひとつ相続人の方が手続きすることのご負担は大きいものになります。

また、不動産の評価を知るためには、法務局や役場などに行き、登記事項証明書・固定資産評価書などを収集しなければなりません。
財産調査も予想以上に時間と労力を必要とすることが多くあります。

当事務所ではお忙しい方、手続き・書類の収集などが困難な方に代わって、財産調査をし、財産目録作成をお手伝いさせて頂いております。

お問い合わせ
TEL:055-941-9278 お問い合わせフォーム
主要業務
相続 遺言 成年後見制度
その他 イラスト

業務実績一覧表

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る